「暴風」について

グーグルが、10周年記念として期間限定「2001 Google search」というサービスを始めた(期間限定で、既にサービスは終了しているようです。2001年時点のグーグルのトップページで、当時の検索結果を表示できるっていうものでした)。試しに自分の本来の名前である「暴風神父」で検索してみると、自分が始めて作ったサイトがトップに出て来た。1999年の11月3日に日記を書き始め、2000年の8月20日に更新停止を宣言している。
そのサイトに、「暴風神父とは?」という文章があった。ちょっと力を入れて書いた文章だったので、気に入っていたのだが、HDに残っておらず、書き直す気力もなかったので、今までそれについて触れていなかったのだが、見つけたのを幸い、再掲する。

続きを読む

インターネットって

インターネットが一般的になってきた頃、このツールはすべての人々に知識と自由と平等をもたらすと思われた。

しかし現状はどうだ。ニュースも情報も検索結果も、偏り、悪意と反知性に満ちている。人々を対立軸に当て嵌め、単純化し、実質を伴わない二極化を幻視し、同意を強制する。異なる者を「論破」し、侮蔑し、排除することを正義と呼ぶ。

インターネットによってもたらされたのは偏狭と敵対心と攻撃ではないか。

ネットによる集団知性は幻想だ

 

人間は内燃機関の発明によって、自分では対応できないスピードと運動エネルギーを手に入れた。同じくインターネットの発明によって、自分では対応できない憎悪を手にしてしまった。

開けてしまったパンドラの箱、食べてしまったアダムのリンゴは元に戻せない

五つの輪の話

大事だと思っているものを「大事に使うから、むしろいいことだから」って持っていかれて、ボロボロにされて、「こんなショウもないものを!」って逆に怒られた気分。

最初から、そうやって使うものじゃないって思ってたのに。

なんかもうニュース自体見る気がしない。

定点観測2021

いよいよ一年に一度書くか書かないかといった状況。

コロナ禍で日常のリズムが崩れまくっている中、今日が何日であるか、1月17日がなんの日であるかしばらく思い出せなかった。

これでここも書かないと本格的に忘れてしまうと思う。